Movie Magic

アメリカ在住大学生が映画を語るブログ

映画-アジア映画

映画『天気の子』の感想と考察:東京の陽と隠を描く 新海誠監督の前作『君の名は』からの変化

2016年に公開された『君の名は。』は日本を熱狂させた。 200億円を超える興行収入を記録し、日本に限らず世界中で大ヒットを飛ばした前作から3年の月日が経ち、ようやく念願の『天気の子』が製作された。 『天気の子』を紐解いていこう。 ※ネタバレは一切あ…

映画「仁義なき戦い 広島死闘編」あらすじ感想:伝説の極道はこうして歴史へと散っていった

東映 ヤクザたちが己の命を賭け、自らの面子や義理を守り通す。 そのためなら殺人も意図しない。責任を取る意味で、指を詰めたり、一生親分に着いて行く意思を示すため、盃を交わす。 「仁義なき戦い広島死闘編」は1973年に公開され、仁義なき戦いシリーズの…

映画「仁義なき戦い」あらすじ感想:極道のすべてのはじまりをみせる。

東映 東京には多くの人がごった返し、スクランブル交差点には毎秒のように人々が行き交う。世界的に発展した国として、アジアの中心を彩るこの国は全てが揃っている。 そんな現代からすると、想像もできない劣悪な環境が東京には存在していた頃があった。戦…

タイ映画「バッドジーニアス 危険な天才たち」あらすじ感想:オーシャンズは海を飛び越えアジアへ

Jor Kwang Films "こっちが騙さなければ、世間に騙される。" 天才高校生たちが悪知恵を働かせて、組織規模でカンニングをする。 本作は中国で実際に起きたカンニング事件を原案に、舞台をタイに移し、高校生たちのカンニングを描いた。 サクッとあらすじ タ…

映画「凶悪」の感想:ピエールは本当に凶悪だったのか?

日活 人は凶悪である。 全ての人々は平等にあると自分たちで宣言しながら、しばし守られない。 基本的人権として保護されながら、人間は欲にいとも簡単に負けてしまう。 金のために、これまで積み上げてきたものを自分でなし崩しにする人間をよくみる。 本作…

映画「野火」の感想:生きるウォーキングデッド

海獣シアター 部屋に日が差すのと同時に朝目を覚ます。歯磨きをして、着替えを済ませ、家族や恋人にいってらっしゃいのひとこと。 そこから清き1日がはじまる。21世紀の日本に住む人間からしたら当たり前かもしれないけど、この常識が全く通じない時代が日本…

映画「君の膵臓をたべたい」の感想:少女がみた世界と、みれなかった世界

東宝映画 "人気漫画をついに映画化!" "平凡な高校生きらりと" "学校1イケメン高校生まさるの切なくて" "儚い恋愛ドラマ!!!" 最近はこんなんばっかりだ。 街を歩いてるとそんな広告ばかりが目に止まる。 漫画や小説を原作に、夢の映画化!なんて謳い文句…

Netflix韓国映画『麻薬王』あらすじ感想ネタバレ:70年代の釜山で名を馳せたイ・ドゥサムの人生

Netflix こんちくわ!Shygonです! 今回は韓国で麻薬帝国を築いた立役者を描いた 麻薬王 について熱く語りたいと思います! 2018年にNetflixで製作された本作は、1970年代の韓国釜山を舞台に、日本に麻薬を密輸し、一財を築き上げたイ・ドゥサムの成功と失墜…

Netflix映画『最初に父が殺された』あらすじ感想ネタバレ:史上最悪のカンボジア大虐殺の歴史を描く

©2017 Netflix こんちくわ!Shygonです! 今回はNetflix製作「最初に父が殺された」を熱く、熱く、熱く語りたいと思います! 2017年にハリウッド女優アンジェリーナジョリー監督によって映画化されました。『最初に父が殺された 飢餓と虐殺の恐怖を超えて』…

Netflix映画『オクジャ』はなぜカンヌ映画祭から嫌われたのか?

Netflix こんちくわ!Shygonです! あの世界三大映画祭のひとつカンヌ国際映画祭で物議を醸しだし、今後映画を作っていくにあたり、映画とどう向き合っていくべきなのか考えさせるキッカケになった映画があります。 オクジャ(Okja) 2017年に大手映画配信サー…

映画「お早よう」あらすじ感想:噂話が大好きな主婦 そして無邪気に遊ぶ子供たちを描く小津作品

松竹 こんちくわ!Shygonです! 今回は日本人として知っておかなければならない監督 小津安二郎 彼はその後の映画界において絶大なる影響をもたらした数少ない映画人のひとりです。彼は日本の庶民を風情ある家族ドラマに仕上げ、かつ彼ら家族の感情を情緒豊…

映画「東京暮色」あらすじ感想:泥沼な家族関係を どんよりした日本社会に投影する小津作品とは!?

松竹 こんちくわ!Shygonです! 「東京暮色」日本を代表する映画監督 小津安二郎 の作品です。 「東京暮色」は他の小津映画と違い男女の三角関係を描く恋物語です。サイレント映画「大人の見る繪本 生まれてみたけれど」や世界的に有名な「東京物語」, カラ…

映画「早春」あらすじ感想:普段家族の温まりを描く小津監督が男女の闇に斬り込む!

松竹 こんちくわ!Shygonです! 今回は日本人として知っておかなければならない監督 小津安二郎 彼はその後の映画界において絶大なる影響をもたらした数少ない映画人のひとりです。彼は日本の庶民を風情ある家族ドラマに仕上げ、かつ彼ら家族の感情を情緒豊…

映画「東京物語」 感想:いまだに世界中方愛される小津映画の代表作の魅力とは? [ネタバレ&解説]

松竹 こんちくわ!Shygonです! 今回は日本人として絶対知っておかなければならない監督 小津安二郎 彼はその後の映画界において絶大なる影響をもたらした数少ない映画人のひとりです。 彼は日本の庶民を風情ある家族ドラマに仕上げ、かつ彼ら家族の感情を情…

映画「晩春」あらすじ感想:嫁入り前の娘と父親の家族物語

松竹 こんちくわ!Shygonです! 「晩春」は、日本を代表する映画監督 小津安二郎 の作品です。 「東京物語」は世界的に知名度のある映画で、いまなお大きな影響を各方面に与えています。サイレント映画「大人の見る繪本 生まれてみたけれど」や男女の恋心を…

映画「大人の見る繪本 生まれてみたけれど」感想:初期頃のサイレント映画 ここから小津安二郎の伝説ははじまった!?

松竹 こんちくわ!Shygonです! 今回は日本人として絶対知っておかなければならない監督 小津安二郎 彼の初期の映画作品はあまり現存しているものがあまりありません。 その中でも本作「大人の見る繪本生まれて見たけれど」は現存している中でも非常に評価が…